2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.02.08 (Mon)

2010,02,08 ** 一瞬だけ復活 **

20100208_1 20100208_2 20100208_3

1: 泣いてるみたいに見える/2: 初めての洋服/3: ちょっと小さかったみたい(汗)

皮膚科専門の病院を受診してきた。
そのときの様子は以下の【Read more】からどうぞ。

手の傷を舐めないように包帯などを巻いておくと良いと指導されたのだが
我が家に包帯はないし、口の届く場所だから外してしまいそうな気がしたので
袖のある洋服を着せて舐められないようにすればいいんだ!と思った私は
ペットショップでイヌネコ兼用の無地のTシャツ(840円也)を購入してきた。
着せたはいいけどちょっと小さかったみたいで腕と胴回りがムッチムチ(爆)。
しかも袖が短すぎて腕の傷が丸見え・・・全然ダメだった、大失敗。
悔しいからワンサイズ大きいシャツ買って試してみようかな(着せたいだけw)

ランキングに参加しています
お立ち寄りの際にクリックしていただけると嬉しいです☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ソマリへ

【More・・・】

で、病院の話。

皮膚科・動物病院(米倉動物病院)、ホームページなどは一切ない。
だいじょうぶ?マイペットというサイトに、院長先生のインタビューが載っている。
運良く車で数十分、しかもあさちゃんの家からは徒歩圏内というありがたい条件。
中には遠方からはるばる紹介状を持って訪れる患者さんもいるようだ。
院内は・・・なんていうか、建物も人も設備も全てがレトロでノルタルジック(爆)。
口では説明できない。まず入り口がわからなくて建物の目の前から電話したし。

電話で予約した際に「血液検査があるかもしれないから朝食は抜いてきて」と言われ
朝一番の8時半からの診察にしてもらった。10分前には到着して問診票を記入して
呼ばれるのを待っていたら、次の患者さん(ワンちゃん)登場。なんとボクサー犬!
愛嬌のある顔で、短い尻尾をちぎれんばかりにブンブン振り回してご挨拶してくれた。
じゃこは終始ビビリっぱなしで(無理もない)キャリーの中で半分くらいのサイズに
縮こまってまん丸になり、目もまん丸で身体はブルブル。恐怖体験しちゃったみたい。

診察室に呼ばれると、女医さんが2人。こちらはレトロではなく、普通の獣医さん。
副院長先生は30代後半くらいかなー。ハキハキとしゃべる手際の良い感じの人。
もう一人は助手さんかな?20代中~後半くらいの、小柄でかわいらしい印象の人。
副院長はじゃこに興味津々で「うわ~ネコってホントにふにゃふにゃだな~♪」
「肉球触っていい?おぉ、気持ちいい!プニプニ!」となぜか大喜び(ヲイ)。
患者(畜)さんはやはりワンちゃんが圧倒的に多いらしく、じゃこは大歓迎された。
助手さんのおうちにはネコちゃんがいるらしく、こちらは大のネコ好きとのこと。
なんとじゃこはフーもシャーも言わず、大人しくされるがままに触られ放題だった。
院長先生(白髪アンティークで迫力あり)に対してはやや及び腰になったけれど
いつもの病院のときとは全く違って、正直連れていった私もものすごく楽だった。

診察の結果、真菌(カビ)はなく、皮膚の深部の細菌感染ということがわかった。
表面であれば短期間の抗生剤投与と塗り薬で早く治ることが多いみたいなんだけど
皮膚の内部、酸素のないところで活動する菌に感染しているので、皮膚表面の傷は
舐めたり噛んだりしないようにして治すしかなく、殺菌のための抗生剤投与は
菌を培養して検査してみないと判定が出せないのでその場では処方できないらしい。
ま、それが当たり前か。これが普通だよな。抗生剤ならなんでもイイわけないし。
というわけで、じゃこは腕の毛をチョキチョキとカットされ、かさぶたを取られ
ちょっと痛々しい姿になってしまった。傷には化膿止めの液状の薬を塗ってもらい
カラーを付けたままの帰宅。ほとんど鳴くこともなく、終始とても大人しかった。
細菌培養の結果が出るまで3日かかるらしく、木曜日には薬の判定もできるけど
木曜日は祝日で休み、金曜日は私が仕事で行かれないので、土曜日に再受診する。

院長先生の話だと、皮膚の表面と比べて深部感染は完治に時間がかかるそうだ。
1~2ヶ月は投薬する必要があるだろうと言われた。根気よく治しましょう、と。
きちんと効く薬さえわかればきっと良くなる症状だから、しっかり治してあげたい。

今回のことで、やっぱり病院を選ぶ私の目を磨いておかなければいけないと痛感。
かかりつけの病院もきちんと細かく調べて色々検討して決めるようにしよう。
初めてのことだし、失敗があっても仕方ない。でもそれを糧にして学ばなければ。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

23:59  |  じゃこ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

そっかそっか~
今度の病院は とっても良さそうですね♪

原因も分かってよかった~
あとは治療して早く治るといいね♪

お洋服着せるっていうの 家もやりましたよ~♪
なかなかサイズが合う物が無くて困りますよね。
とりあえず家は ミニチュアダックス用のをよく買いました(笑)<=胴が長いから~
そのとき お腹を舐めて欲しくなかったので。
☆ネコの手☆ |  2010.02.14(日) 02:14 | URL |  【編集】

** コメントありがとうございます **

>☆ネコの手☆さん
 今かかってる皮膚科専門医は、やはり皮膚疾患専門だけあって
 見てきている症例も多いからだと思いますが、診断が早く
 治療も明確なので、安心してお任せすることができます。
 ただ、専門医なのでかかりつけにはできず・・・
 いつ何があるかわからないので、早く次のかかりつけを探さなきゃ(汗)。
ヒトミ |  2010.02.24(水) 12:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jakogohan.blog50.fc2.com/tb.php/672-3c81fd88

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。