2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.11.18 (Thu)

2010,11,18 ** 経過、not 良好 **

20101118_1.jpg 20101118_1 20101118_2

1: 鼻ポチしたら怒られた/2: お魚盗み食い/3: 母ちゃんのパーカーの上でおくつろぎ

コメントのお返事が遅れてしまい申し訳ありません!m(_ _;m)ペコリ

先週の金曜日にASCを受診して、処方されたパキシルを毎朝飲ませながら
様子を見てきたけど、左耳と左口元のカイカイが日に日に悪化してきてしまった。
昨日(17日)は、じゃこがカイカイしている音と揺れで目が覚めたほどだった。
じゃこが耳を痒そうにしている姿を見るのが私にとって一番のストレスになる。
これにやっと気付いた。だからじゃこの耳の傷を拭きたくなってしまうんだよな。
耐えかねて、予定より早いけどASCに電話して今の症状を伝えることにした。
最初に処方されたパキシルはごく微量で、どのくらいの量にすれば効き目が出るかを
調整するための処方だったので、10mgを1/6錠では効かなかったということだ。
倍の量にしてもらい、20mgを1/6錠と、とにかく耳のジュクジュクカイカイ状態を
治すために対処療法としてステロイドも併せて使っていくことになった。
ただし、ステロイドは7日分のみ。パキシル20mgも、とりあえずは併せて7日分。
この薬が終わる前にもう一度電話して状況を報告して、次のステップへ進む。

今日は初の試みで、スライスチーズ(人間用・一応減塩タイプww)を使って
薬を与えてみることにした。最初は警戒してふんがふんがニオイを嗅いでたけど
けっこうあっさりパクッパクッと食べてくれて大助かり。薬がバレないことを祈る。

毎朝毎晩、少し時間を空けてじゃこを見ると、左耳の周辺の毛が傷から垂れる体液で
ガビガビの束状になっていて、しかもじゃこはそれを気にして更にカイカイする。
もちろん傷も掻いてしまうから、その束にはひどいと血の色も混じってしまう。
もう本当に見ていてかわいそう・・・耐えられなくなって、今日は洗ってしまった。
無添加の泡で出るタイプのハンドソープを使って、左耳と左の口周りだけを洗った。
すすぎには未使用の柔らかい台所用スポンジを使って、泡のついていない部分を
できるだけ濡らさないように、束になった毛を軽く揉みながら洗い流してあげた。
なんだかとっても気持ちよさそうな顔をしていたように見えたんだけど・・・
乾かすのもドライヤー使うのはやめて、ティッシュと速乾タオルのみで拭いてみた。
しばらく様子を見ていたら、やっぱり耳元を気にしてカイカイしてはいたけれど
束になった毛はきれいにほぐれてサラサラに戻った。じゃこも快適そうにしている。
このままステロイドが効いて傷がどんどん治ってくれるといいなぁ。
ジュクジュクがおさまったら一度全身シャンプーしたいな。おしりも絞りたいし。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

20:38  |  じゃこ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。