2009年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.08 (Sun)

2009,03,08

20090308_1 20090308_2 20090308_3

1: ムーンでおすまし/2: 眠いにゃぁ~/3: めっちゃ口開いてるww

私がおやつを持って床に座ったら、目薬をさされるかブラシをされるか
とにかくイヤなことをされるらしい!というのがインプットされちゃったようで
おやつ以外何も持ってなくてもなかなか近寄ってこなくなってしまった。
目の調子はすっかり良くなったようなので目薬は今日でおしまい。

日中ゴロンとしてるときやじっと座ってるときなど動きの少ないときの
身体の震えがひどくなったような気がする。前は抱いて膝の上などで
おなかを上にして座った状態で手足がブルブルと震えるくらいだったのに
今日見てたらひどいときは座ってるだけで耳が揺れるほど全身ブルブル。
でもゴハンも朝晩とも全部食べてるし、水も飲んでるし、トイレも大丈夫。

水といえば、水入れの水を今日も3回ほどカラになるまで手でこぼした。
あまりにも腹立たしかったので、ぐわしっと強く猫掴みして捕まえて
思いっきり説教したら、相当怖かったのか病院の診察台の上並みに
ブルブルと震えて、長い尻尾がおなかにペタンとくっついていた。
手を離したらすごい勢いで部屋の隅まですっ飛んで逃げていった。
しばらくは私が少し動くだけでビクゥッ!と飛び上がって逃げる始末・・・
あぁ、ちょっときつく叱りすぎたな。親子関係(?)に亀裂が入ったかも。
・・・と思ったけど、ホットカーペットで気持ち良さそうに寝てたじゃこに
ごめんね、と声をかけながら撫でると、大きな音で喉をグルグル鳴らした。
少し調べてみたら、同じように水入れで遊んで水をこぼしちゃうニャンコの
話がいくつか出てきたけど、いたずらをする子は賢い子だと書いてあった。
水こぼしをされないように打つ対策としては
 ・犬やウサギ用のケージ取り付け型水飲みに替える
 ・ひっくり返せない重い水入れにする
 ・ウォーターファウンテンやドウムなどを導入する
 ・水をこぼされても平気な環境にする
 ・あきらめる
などが挙げられていた。じゃこの場合、手を泡立て器のように使って
フチから水を飛ばしてしまうので、重かろうが動かなかろうがやられるな。
となると環境を整えるかあきらめるか・・・この2つはほぼ同じようなもんか。
というわけで昨日からサークルに敷いていた表がタオル地で裏がナイロンの
防水マットを取って、プラスチックの上に直に水入れを置くことにした。
それと、水を飛ばされて壁紙がふやけたりカビたりするのが嫌だったので
A4サイズのクリアファイルを開いてA3サイズになるように加工して
水入れを置くコーナーに立ててアクリルテープで固定し、簡易水よけを作成。
水面を強く叩いて跳ねた水が水よけに当たり自分に跳ね返ってきたらしく
じゃこは目を丸くしてビックリしていた。うけけっ、ザマアミロ。(←大人げない)

ランキングに参加しています
お立ち寄りの際にはクリックお願いします☆
人気ブログランキングへにほんブログ村 猫ブログ ソマリへ
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

23:16  |  チビじゃこ(幼少期)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。